注射だけで小顔や足痩せ?ボトックスの絶大な効果

ボトックスってなに?

ボトックスは、日本では食中毒を起こす菌として知られているボツリヌス菌から抽出したものです。人間に害がないように精製されているものを注射すると、筋肉の働きが一時的に麻痺をしてさまざまな効果をもたらしてくれます。

ボトックスで憧れの小顔になれる!

顔のエラの部分はしゃべったり食べる時に動かすので、筋肉がつきやすい部分です。この部分にボトックスを行うと筋肉が使われなくなるので小顔になって行きます。日常生活に不安があるかもしれませんが、顎を動かすための筋肉は他にもありますので、しゃべったり食べたりすることができなくなることはありません。

部分痩せが難しいふくらはぎも細くなる!

ふくらはぎにボトックスを注射すれば、ふくらはぎもほっそりとしてきます。部分痩せは難しいといわれている部分ですが、ボトックス注射を行えば、歩いている時にもふくらはぎの筋肉を使わなくなるので徐々に細くなって行きます。ふくらはぎに力が入りにくいなと感じる事があるかもしれませんが、代わりに太ももやお尻の筋肉を使うようになるので、ボトックス注射の効果が切れても、ふくらはぎの筋肉が太くなりにくくなります。

ボトックス注射の効果はどのくらいであらわれる?

ボトックス注射は一時的に筋肉を麻痺させて、使わなくなった筋肉を細くするという方法です。そのため、使わなくなったからといって筋肉がすぐに細くはなりませんので注意が必要です。自分で効果が実感出来るのは施術後3週間程度経ってからになります。徐々に効果を実感できるようになりますから、あまり焦らずに様子を見るようにしてみましょう。

ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出したタンパク質の一種で、アンチエイジング目的の美容施術などで使われます。