血液をキレイにする血液クレンジングを知っていますか?

循環が悪くなるということ

身体に必要不可欠な血液は、体内を絶え間なく循環して体中の細胞に酸素や栄養素を届けています。さらに肝臓や筋肉で発熱された熱を運び体温を一定に保つ役割もあります。また代謝によって発生した老廃物を回収しています。その働き者の血液がドロドロになると、血流も悪くなり血管を傷つけたり塞いでしまたり、老廃物が回収されないため代謝や免疫力も衰え慢性的な不調や病気を引き起こす原因となる場合もあります。

「血液クレンジング」とは?

血液をサラサラにする「血液クレンジング」は、日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパでは様々な難病の治療に用いられる歴史のある治療法です。血液クレンジングは100~200cc程度の血液を取り出して、酸素が豊富な医療用のオゾンガスで浄化し、点滴の要領で体内へ戻します。自分の血液を使うので副作用がなく安全性の高い治療法として注目されているオゾン療法です。

血液クレンジングの必要性

オゾンで洗浄され酸素を含んだサラサラの血液が体中を循環することにより、細胞が活性化します。循環が良くなると辛かった肩こりや頭痛、冷えなどの慢性的な不調が改善され、腰痛や関節痛なども軽減されます。さらに代謝機能も向上し新陳代謝が活発になるので美肌やダイエットにも有効です。また、癌や難病を治療中の方は、受けている治療の相乗効果が期待されます。

血液クレンジングは1回の治療で効果を感じる方が多いですが、慢性的な不調や体質の改善を希望する方は継続して治療するとサラサラの血液を維持することができます。

血液クレンジングとは、体内から血液を抜き取り、その血液にオゾンガスを注入してオゾン化し、その血液をまた体内に戻すという治療方法です。